フコイダンの制ガン効果

subpage01

現在では日本人の死因の第1位となるガン。

フコイダンに関する最新情報はこちらです。

昔は不治の病のイメージが強かったのですが、現在では、治療技術の進歩により、コントロールできる確率が高くなってきました。

ガンとは、体内で発生するガン細胞の増殖が進んで腫瘍化したものです。

ガン細胞とは、発がん性物質などによる外的刺激を受けて正常な細胞の遺伝子に傷がつき、異常化したもののことです。

厳選した朝日新聞デジタルの情報サイトへお越しください。

ガン細胞の特徴としては、増殖スピードが異常に速いことと、正常細胞とは異なり自然死(アポトーシス作用)が起こりにくいことが挙げられます。
近年、フコイダンという栄養素に、ガン細胞のやっかいな特徴を抑え込む、制ガン作用があることがわかってきました。

フコイダンとは、主に、もずくやメカブなどの海藻類に多く含まれる食物繊維です。フコイダンの制ガン作用はかなり研究が進められ、日本癌学会でも発表されています。


その作用の1つ目は、ガン細胞に対するアポトーシス作用です。
ガン細胞は正常細胞とは違って、ある時間が経ってもなかなか自然には死なないのですが、フコイダンには、ガン細胞の機能を阻害して自然に死に至らしめる効果があります。

もう1つの作用は、人間の免疫機能の強化作用です。

人間の体内には、体に害を及ぼすウイルスやガン細胞を攻撃する免疫細胞が多数存在します。



普段からガン細胞は常に発生しているのですが、この免疫細胞がガン細胞を見つけ次第攻撃することで、ガンの発生を抑えているのです。
フコイダンには、この免疫細胞の機能を活性化する作用があります。免疫細胞の攻撃力を高めることで、多くのガン細胞を消滅させることができるのです。

納得の真実

subpage02

フコイダンは、昆布やワカメなどの海藻が内部から分泌するネバネバ成分で、fucoseという糖を主成分とした多糖類です。潮の流れや外敵から身を守るために分泌されているもので、バリアの役割を果たしています。...

NEXT

基本知識

subpage03

海藻に多く含まれている、ぬめり成分は食物繊維です。食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維に分けられますが、このぬめり成分はフコイダンという栄養素であり、水溶性の水に溶けやすい食物繊維です。...

NEXT

関連情報

subpage04

昆布などの海藻類はネバネバとした粘液に覆われているのが特徴です。このネバネバの粘液の正体がフコイダンです。...

NEXT

健康の事柄

subpage04

さまざまなサプリメントが市場にあふれている中、特に、注目を浴びつつあるのがフコイダンです。あまり聞き慣れない物質であるため、少し補足説明しますと、まず、フコイダンとは食物繊維の一種です。...

NEXT