フコイダンを摂取するとどんな効果が?

subpage01

さまざまなサプリメントが市場にあふれている中、特に、注目を浴びつつあるのがフコイダンです。

あまり聞き慣れない物質であるため、少し補足説明しますと、まず、フコイダンとは食物繊維の一種です。

主に、ワカメやコンブ、もずくなどの海藻類に含まれています。
これらの海藻類の表面にはヌルヌルした粘液状のものが存在しますが、このヌルヌル成分に多く含まれています。

なぜこの食物繊維が急に注目されるようになったかというと、近年、ガン抑制効果が報告されるようになったためです。

フコイダンについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

ガンは体内でガン細胞が増殖することにより発生します。

ガン細胞は、元々は普通の細胞であったものが、何らかの刺激により遺伝子が傷つき、ガン化したもの。

普段は、ガン細胞が発生しても体内の免疫細胞が攻撃して消滅させるのですが、免疫系が弱ったときなどに急に増殖すると、それ以上増殖を抑えることができなくなり、ガンとなるのです。

フコイダンの効能としては、まず、体内の免疫細胞の働きを活性化する点にあります。

免疫システムが強化されることで、ガン細胞の増殖を抑えます。

Girls Channel情報サイトについて考えます。

最近、手術、抗ガン剤治療、放射線治療の、ガン三大治療法に加え、第4の治療法と呼ばれる免疫療法が脚光を浴びつつありますが、フコイダンのガン抑制効果は、免疫療法と共通するところがありますね。

もう1つの効能はアポトーシス作用です。正常細胞は一定の時間が過ぎると、若い細胞と入れ替わるように死に至り、のですが、ガン細胞はそうはならず、次々と分裂増殖します。



アポトーシス作用とは、ガン細胞を、正常な細胞と同様に自然死させる機能のことです。

つまり、アポトーシス作用によりガン細胞の増殖スピードを抑え、さらに、残ったガン細胞を強化した免疫システムで攻撃するのが、フコイダンのガン抑制機能です。