フコイダンについて知ろう

subpage01

昆布などの海藻類はネバネバとした粘液に覆われているのが特徴です。

このネバネバの粘液の正体がフコイダンです。

ところで海藻類が生息している海中、あるいは海辺と言うのは、環境的にはとても過酷です。


その中で海藻類が生息できているのは、この粘液に覆われているためであるとも言われています。このことからフコイダンには、人間の体にとっても良い影響をもたらす作用が期待できるとされています。


では、どのような作用が期待できるのかと言うと、まずは免疫力を高める作用です。

フコイダンに関するサポートサイトはここです。

病原菌の侵入を抑制したり、侵入した際にその繁殖を抑制する免疫力には、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる細胞が大きな役割を果たしています。フコイダンには、このナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあることから、免疫力の向上が期待できるとされています。

それから余分な糖分や脂肪の吸収を抑制する作用です。

OKWaveの情報をあなたにご紹介いたします。

フコイダンは栄養学的には水溶性食物繊維に該当しています。

つまり水に溶けるとゲル状になると言うことです。

よって腸内で水分と共に余計な糖質や脂肪などを抱え込み、便として排出する作用があるとされています。


また胃の疾病に大きく関係しているピロリ菌が好む硫酸基の代りになり、ピロリ菌の胃粘膜への付着を防ぐことにも効果を持っているとされています。

そのため胃の疾病、特に胃潰瘍や胃がんの予防には、とても良い影響が期待できるとも言われています。更に潤いを溜めこむ作用にも優れていることから、肌の保湿、炎症や肌荒れの改善にも良い影響があるそうです。



このようなことから最近では健康食品には勿論のこと、美容製品やスキンケア製品にも利用されることが多くなってきています。